糖分のとりすぎで髪の毛が劣化するのは本当?

糖分のとりすぎが髪の毛に悪い、とうのはにわかには信じにくいかもしれません。糖分のとりすぎで最初に思い浮かべるものは「肥満」であり、髪の毛の劣化などは思い浮かぶことは少ないですよね。

 

最近は過剰糖分で髪の毛の劣化などのキーワードが雑誌などのメディアで目にすることが多くなりました。これはなぜなのか?になってきます。

 

糖分 薄毛

糖分に含まれるブドウ糖を消化する際に、大量のビタミンBを消費します。実はこのビタミンBは髪の毛を構成する大事な物質であり、減っていくことで髪の毛を劣化させてしまうことにつながります。

 

数回程度糖分を過剰にとったからといってすぐに髪の毛が劣化するわけではありません。ですが日常的に糖分を過剰に摂取することで萬世的なビタミンB不足に陥ってしまいます。

 

チョコレートなどを日常的に食べてしまうという人はこの傾向が高く、肥満と同時に薄毛の悩みも出てくる可能性が非常に高いです。

 

では、これを防止するにはどうすればいいのか?になってきます。

 

この場合に有効なのはチョコレートなどをドライフルーツなどに置き換えることです。ドライフルーツなどはビタミンやミネラルも豊富であり、置き換えにも最適な食べ物です。

 

また、ヨーグルトなどに入れることで緒職をとるのが苦手な人でも簡単に摂取できるものになり、適度な糖分、ミネラルは体の活性化にもつながります。

 

ですが、フルーツならばいくら摂取してもいいというわけではありません。フルーツもとりすぎればやはり、ビタミンBの不足を招いてしまいます。

 

置き換えがながら適量に減らしていくことや、ジュースなどをお茶に変えていくなどで自然に糖分の摂取量を調節していくことが大事です。

 

コーヒーなどに砂糖を入れる人などは砂糖を入れずに飲めるものにたまに置き換えるだけでも効果が出てきます。

 

髪の毛の劣化もですが肥満も防止できる方法として置き換えなどは簡単にできるものなので試してみる価値は大いにあるといえます。