髪の改善のポイントに体温コントロール

低体温 薄毛

薄毛の改善を目指す場合は、多くの方が育毛剤を利用したり、頭皮のマッサージを行ったりと、髪やその付近に対する対策に留まることが多いです。

 

薄毛の改善を目指す場合には、もっと全体的な体の構造に注目する必要があって、ひとつのポイントが体温のコントロールになっております。

 

低体温の状態が続けば、薄毛になってしまう可能性が高まってしまい、大きく関係しているのが低体温の人は代謝関係が弱いというものです。

 

低体温 薄毛

新陳代謝が活発な人は、それだけ頭皮や髪についても生まれ変わるサイクルが早いことが多く、早いというよりは本来の死滅と再生を正常に繰り返しているという状態なのです。

 

さらに、低体温の人は血行が滞っているともいえて、こちらの頭皮や髪というのは体の中でも末端の部分にあります。

 

末端の部分は普通の状態でも血液が届きにくい場所で、血行不良になってしまうとそれがより顕著になってしまうのです。このような状態になってしまってはなかなか髪の育成が行われなくなってしまい、十分ではない栄養分で作られた髪の毛はなんとも頼りない弱い髪になってしまうのです。

 

体温が低くなってくると免疫機能も弱まってしまう研究結果もあり、病気になってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

病気が原因での脱毛症も多くあるため、低体温というだけで様々な観点から薄毛になりやすいといえます。そんな低体温を克服するためには、体を冷やしてしまうような冷たい食べ物や飲み物を避けることも大切です。

 

冷えやすい体に冷たいものを入れてしまうと、より体温を高めるのが困難になってしまうのです。入浴週間を見直すのもおすすめで、特に毎日シャワーでサッと済ませてしまっているという方は要注意となります。

 

半身浴でじっくりと体の芯を温めることができれば、体温を高め、代謝を活発にできるでしょう。

 

最初は一時的であったとしても、それが習慣化することによって普段の体温を高めることができるかもしれません。