睡眠不足と髪の毛の関係

睡眠 抜け毛

育毛の基本には睡眠が大きく関係してきます。これは男性も女性も共通といってもいいでしょう。

 

髪の毛に大きくかかわってくるのは「ホルモン」になります。このホルモンは体を維持するためには非常に大事なものであり、必要なものでもあります。

 

ホルモンが分泌されるのは深夜3時〜4時といわれています。この時間に体が深い睡眠に入っていることでホルモンの分泌は必要な分だけになってくれます。

 

ですが、この時間に体が起きているとホルモンは消費されている状態になります。この場合は体の中では「ホルモンがもっと必要」と判断することでホルモンの過剰分泌が起こってしまうことにもつながります。

 

ホルモンの過剰分泌は抜け毛や肌荒れの原因にもなります。このことからも睡眠が髪の毛に非常に大事だということがわかります。

 

では、睡眠をどのように取り入れていくことがベストなのか?になります。

 

理想は12時前の就寝ですが、できるだけ1時には就寝しておくことでホルモンの分泌時には体が熟睡している状態になります。

 

睡眠導入方法の一つとして、寝る30分前位にスマートフォンなどの観覧をやめるようにすることが望ましいですがこれはなかなか難しい人も多いでしょう。

 

その場合にお勧めなのがブルーライトを緩和する方法になります。多くのスマートフォンに搭載されているナイトモードなどはブルーライトを大きく緩和させ、電気を消した状態でスマートフォンを見ても目に対する負担を少なくしてくれます。

 

ナイトモードでの観覧は目の刺激はもちろんですが脳に対する刺激も抑ええてくれるので、眠気が来た瞬間に体が睡眠体制に入りやすくなる特性を発揮してくれます。

 

ついつい遅くまでスマートフォンを使ってしまう人などはこのナイトモードを利用することで目の負担はもちろんですが、質の良い睡眠を取り入れやすくなるので試してみる価値は多いあるといえます。