シャンプーで髪や頭皮にダメージ

シャンプー 髪

髪のダメージは毎日の行動で積み重なっていくことがありますので、毎日欠かせず行っているものほど注意が必要です。

 

そして、頭皮ケアに直結するのが毎日の洗髪ですが、この方法が間違っていれば、それだけで髪や頭皮にダメージが蓄積されていってしまいます。

 

予想以上に多くの人が間違っているのがシャンプーの仕方で、よくやってしまうのが綺麗にしようという気持ちが先行してごしごしと洗ってしまう行為です。この刺激は想像以上に髪へのダメージになってしまいます。

 

また、洗髪前にちょっとした工夫をすることでも頭皮ケアになって、それが洗髪前にブラッシングをするというものです。

 

洗髪前にブラッシングをすると、シャンプーの泡立ちが良くなりますし、さらに髪の毛の汚れを最小限の刺激で落とせるようになるのです。

 

長髪の女性は、より汚れが落ちにくくなっておりますので、このブラッシングを上手く活用したいものです。

 

ドライヤー 薄毛

ドライヤーの熱やコテの熱で髪を傷めてしまうことがありますが、それはシャワーのお湯においても同様なので、38度程度の少しぬるいと感じるお湯で洗うことが大切になります。

 

いきなりシャンプーで洗うのではなく、ぬるま湯で素洗いをすることによって、かなりの汚れを落とすことができます。

 

実は素洗いをすることでほとんどの髪の汚れは落ちてしまい、取り切れなかった残りをシャンプーで落とすという程度で十分なのです。

 

基本的な洗髪方法を覚えたら、今度は自分にあったシャンプーの選定をしたいところで、人によって頭皮の状態は異なてきますので、当然相性の良いシャンプーも異なってきます。

 

あなたの頭皮を適度に清潔にしてくれ、水分と油分を取り過ぎず乾燥させない、さらにプラスαで育毛に必要な環境を整えてくれる、などが揃ったシャンプーこそがあなたにピッタリのアイテムとなります。

 

このような部分に注意して、適切な方法で頭皮のケアを行うことができれば、良好な頭皮環境を手に入れることができるはずです。