生理不順と薄毛の意外な関係性

生理 薄毛

生理不順の人で薄毛に悩む人も少なくはありません。これは髪の毛も生理もホルモンが大きくかかわってくるからです。ホルモンバランスの乱れによって生理不順や薄毛は起こしやすくなります。

 

ほかにも、この二つには様々な共通点が存在します。

 

この二つにはストレス、栄養不足、睡眠不足、ライフサイクルの乱れなどが共通しており、生理不順の人が薄毛になりや薄いのも納得できるかと思います。

 

生理不順を改善させることで薄毛も一緒に改善されることも多く、この二つのケアは同時に行っていくことも可能です。

代謝をあげていくことが大事

生理不順の人は血行不良による重度の冷え性の場合が多く、これを改善するには毎日のバスタイムを利用していくことになります。

 

38度前後のぬるめのお湯に20分程つかることで、代謝を上げやすくなり冷え性を改善しやすくなります。
 
ついつい冷たいドリンクを飲んでしまうときが多い現代人ですが、意識して暖かいお茶などを取り入れることで体温を下げずに代謝を維持しやすくなります。

 

また、睡眠も非常に大事です。12時前の就寝が理想ですが1時前には眠りにつくことでホルモンバランスの調整をしやすくなります。

 

食事なども大事ですが、どうしても栄養不足になってしまう場合はサプリメントなどを利用することでこの面をクリアしやすくなります。

 

最も大事なのは思いつめないことです。悩みすぎることでストレスを大きくしてしまい、睡眠障害などを引き起こしてしまいます。ストレスは悪化することで内臓などにも影響を出しやすくなってしまうので、軽い運動などを取り入れて肉体疲労を増加させることも有効な方法とも言えます。

 

肉体の疲労とメンタルの疲労のバランスが5対5であることが理想ですが、4対6や6対4であっても、誤差の範囲とえいるので思いやんでしまったときは散歩などを取り入れることで心地よい疲労とストレスの軽減になると考えておくといいかもしれません。