女性の体は出産を機に大きく変化

お産の後に抜け毛が多くなり驚いている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

お産 抜け毛

女性の体は、出産を機に大きく変化することがわかっており、妊娠後、出産後共に変化します。

 

出産後に抜け毛が多くなる理由で大きいのが、ホルモンバランスの変化によるもので、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンという成分の量に急激な変化が訪れるからです。

 

女性であることの証明に女性らしい身体つきがありますが、これらを決定づける要素のひとつが、女性ホルモンでもあります。

 

エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンは認識を機会にして急激に増加していき、そして出産をむかえると今度は急激に減少していきます。

 

エストロゲンというのは女性らしい身体を作り上げるための非常に大切な役割を持っていて、その役割の中には髪の毛の成長も入っております。

 

そのため、エストロゲンの量が急激に低下してしまうと、どうしても髪の成長が滞りがちになってしまいます。

 

エストロゲンの増減はお産の後に少しずつ時間をかけて安定していくものであって、あくまでも一時的な症状であることを覚えておきたいところです。

 

そのため、そこまで神経質になる必要はないのですが、見た目の問題もありますので、できれば抜け毛の量を最小限に抑えたいという人もいらっしゃるはずです。

 

お産の後の抜け毛を最小限にする方法として、出産に関するストレスを軽減するというものです。妊娠教室、子育て教室といった場所では、出産に対する気の持ち方を妊婦に教えることによって、これら一連の状況に関するストレスを軽減する術を教えてくれることもあります。
 
母になることの喜びを全面に打ち出すことによって、妊娠、出産は前向きな行動であると教えられるのです。

 

気持ちの変化によって、陣痛や出産の痛みすら幸せに感じてくる女性もいるというから不思議なものです。

 

エストロゲンの代わりになってくれるイソフラボンを多く含む大豆などの製品を積極的に摂取することもおすすめとなります。