抜け毛から分かる意外な症状

抜け毛

最近抜け毛が多い。なんだか抜け毛が多い気がする。それはもしかしたら何らかの疾患などのサインかもしれません。抜け毛は栄養不足やストレスなどで発生することが多いですが、大量の抜け毛の場合は消火器などの内臓疾患を疑ってもいいかもしれません。

 

この時にチェックすべきなのは抜け毛のほかに、肌荒れ、爪が割れる、皮膚にできた傷が治りにくい、化膿しやすい、などになってきます。これは髪の毛と肌、爪はほぼ構成する成分が同じであり、栄養不足が顕著に出てくるのが髪の毛であるということです。

 

内臓疾患などは消化不良を引き起こすので肌荒れや目の下のクマなども作りやすくなります。

 

ストレスからくる肌荒れや抜け毛の可能性が高い場合は12時前の就寝や、38度前後のお湯に20分以上つかるなどを7日前後繰り返して代謝をよくすることなどでこれらの症状は大きく改善してきます。

 

ストレスは臓器にも大きな影響を及ぼすので症状が軽いうちに解消していくことに越したことはありません。

 

抜け毛は他にも腎機能の低下などの症状である場合もあります。あまりにもごっそりと抜ける場合は一度内科などの専門医の診断を受けるほうが安心できるといってもいいでしょう。

 

多くの場合はストレスが原因であることが多いですが、ストレスはあらゆる病気の原因につながります。抜け毛が多いな、と感じた時点で対策をとることで結果的に大病を遠ざけることになります。

 

爪の欠けや、目のなどがひどい場合は内科の受診を考えることがおすすめになりますが、悩みすぎることもまた抜け毛を増やしてしまうことにつながります。また、ロングの人は少ない本数でもたくさん抜け毛があるように見える視覚トリックもあるので注意が必要です。

 

一般的に1日平均では100本ほど髪の毛は生え変わりのために抜けていくことや、体内のバイオリズムで秋口は抜け毛が多くなるなどもあるので1週間ほど様子を見ることもおすすめの方法の一つです。