薄毛とコラーゲンの関連性

みなさんは薄毛とコラーゲンの関連性について考えたことがあるでしょうか?

 

コラーゲン 薄毛

コラーゲンが体内から減少すると薄毛になってしまうという噂も様々な場所でささやかれております。

 

しかし、いくら美肌成分のコラーゲンが減少したからといって、薄毛に影響を及ぼすなんて、と半信半疑な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実際にコラーゲンが頭皮に及ぼす影響とはどの程度のものなのかを確認してみると、薄毛の原因の全てがコラーゲンではないものの、コラーゲンの減少が薄毛に影響を与える可能性も、少なくはないということがわかってきます。

 

コラーゲン 髪

コラーゲンと薄毛の関係を解明するためには、髪が生えている頭皮も皮膚の一部であるということを認識する必要があるでしょう。

 

コラーゲンによって肌が綺麗になるという話は今となってはどこでも聞くことができます。

 

頭皮も皮膚の一部ならば、コラーゲンによる美肌効果があっても不思議ではなく、頭皮の柔軟性や弾力、保湿力といったものはこのコラーゲンの量がポイントになってくるのです。

 

保湿力が高ければ頭皮の乾燥を防ぐことができますし、頭皮に柔軟性や弾力があれば、頭皮の新陳代謝が活発に行われているということでもあります。

 

頭皮の新陳代謝が活発になると頭皮に滞りなく栄養が届けられているという状況なので、逆にコラーゲン不足によってこれとは真逆の状態になってしまうと、頭皮にとってはダメージを受けているも同然なのです。

 

コラーゲンは薄毛とは決して無関係ではありませんが、このコラーゲンは簡単に摂取することができません。

 

サプリメントなどを利用してコラーゲンを摂取するという方法はあるのですが、それが人体にそのまま使われるかは別問題で、重要なのは本来人が持っているコラーゲンの生成能力を回復することなのです。

 

例えば、老化の元として有名な活性酸素はコラーゲンの体内での合成を妨げてしまうものなので、活性酸素の発生をできるだけ防ぐ生活習慣を身につけることも対策のひとつです。