ロングヘアの人の脱毛のケアについて

ロングヘア 抜け毛

ロングヘアで脱毛が気になる。これは多い悩みの一つです。ロングヘアの人はロングにするまでの時間などもかかっていますし、脱毛は非常に大きな問題です。

 

人の髪の毛は平均して1日に100本ほど抜けていくとされています。これは古くなった髪の毛が抜けることで新しい髪の毛が生えてくるので入れ替わりのためでもあり、体にとっても大事なことです。

 

また、秋などは生え変わりの時期に当たる人が多く、抜け毛が気持ち多くなるという人も珍しくはありません。

 

ここで大事なのはロングの人の抜け毛になります。ロングの人の髪の毛の1本とショートカットの人の1本では5倍上の長さの差があることも珍しくはありません。
 
ロングの人は1本抜けがあるだけでもその抜け毛が絡まった形などになることで大量に抜けているような錯覚も起こってしまいます。

 

実際に数えてみるとそこまで抜けてないということが多いのですが、視覚効果でどうしてもたくさんぬけえいるように思えてしまうのもロングヘアーの悩みの一つといってもいいでしょう。

 

また、ロングヘアーの人は抜け毛ではなく途中から髪の毛が切れているものなども多々あります。この場合は毛根は残っているのですが、ダメージが広がることが懸念されます。

 

ロングを維持しやすいケア剤としてはオイルタイプの洗い流さないトリートメントなどを使うことで絡まりなどをカットしていくことができます。また、切れ毛などを防ぐためにも洗い流さいないトリートメントと同じくらい大事なのがドライヤーになります。

 

根元と地肌をしっかり乾かし、根元下15〜20センチを乾かすことでダメージを緩和しやすくなります。毛先まで完全に乾かす必要はありませんが、湿気を感じない程度までは乾かしてあげるほうが髪の毛に対する負担を大きく減らすことができます。

 

ドライヤーをしっかりとつかうことでダメージはもちろんですが頭皮の毛にもつながっていきます。