閉経による薄毛はなぜ起きるのか?

閉経 抜け毛

閉経によって薄毛になった。髪質が変わってきたような気がする。この声は非常に大きなものであり、昨今の女性の悩みの中でも上位に入ってきています。閉経による髪質の変化はなぜ起きるのか?になりますが、これはじょせいホルモンが閉経によって減少したことと、加齢による頭皮の栄養不足や水分不足菜からになります。

 

女性ホルモンは食材から摂取することができないものです。ですが、育毛や発毛にとって大事なものであり、閉経後はこのホルモンをどのようにするかも大事になってきます。

 

こういってしまうととても不安に感じる人もいるかもしれません。ですが、閉経で女性ホルモンが完全になくなるということはありません。閉経後のヘアケアに大事なのは「栄養状態」「質の良い睡眠」などになってきます。

 

女性の体内には卵巣があります。この卵巣は閉経後も機能しており女性ホルモンの分泌は行われます。
大事なのは栄養状態の管理と、睡眠状態になってきます。

 

バランスの良い食事と睡眠を心掛けることで最初に肌質に変化が出てきます。肌質に変化が出てきた後には髪質に変化が出てきます。一朝一夕ではありませんが生き視することで必ず変化が出てくるのも髪の毛です。

 

髪の毛と肌の構築する物質は共通するものが多く、コラーゲンやケラチン、タンパク質、アミノ酸などになってきます。食材だけではとりきれないものなどはサプリメントを使うことで補うように意識し、食事だけで栄養が足りないというストレスを抱えないことも大事になります。

 

質の良い睡眠はホルモンバランスの乱れを調節してくれる効果も期待できます。12時前後の就寝が理想ですが、遅くとも深夜1時には就寝しておくことでホルモンの調整はもちろんですが、疲労回復なども細胞の活性化には非常に大事です。

 

細胞の活性化は頭皮の正常化、毛根の活性化にもつながります。

 

閉経は女性にとって大きな変化の一つですが抱え込み過ぎないことも大事です。