遺伝と生活習慣の問題は複雑に絡み合っている!

薄毛 遺伝 生活習慣

みなさんの中にもハゲは遺伝だと思っている人が多いのではないでしょうか?

 

実際にハゲが遺伝ならば、父親や母親、そして祖母や祖父をみて、あきらめてしまう人もいるかもしれません。
逆に、自分は絶対に大丈夫だと思ってしまう人もいらっしゃるでしょう。

 

このようにハゲは遺伝と盲信してしまうことによって、薄毛の予防や薄毛の改善のチャンスを失ってしまう可能性もあるということはぜひ覚えておくべきです。

 

まず、ハゲは遺伝するのかという問題なのですが、これは遺伝する場合もあると考えるのが自然です。

 

薄毛 遺伝

実際に遺伝によって薄毛の状態が引き起こされている人も存在していて、両親やその親がハゲているような場合には自分も薄毛になる可能性は否定できません。

 

しかし、ハゲというのは生活習慣によって後天的に引き起こされることも数多くあり、このようなことから遺伝なのか、生活習慣によるものなのかはわかりにくいのです。

 

さらに、ハゲやすい体質を受け継いだとしても、必ず症状が発生するというわけではなく、それこそが生活習慣の違いなのです。

 

幼少期は同じ屋根の下で暮らしていたとしても、子供というのはいずれ独立することになりますので、そうなってくると自分の生活スタイルを確立するようになります。

 

ここで生活習慣に差があらわれるようになり、これが両親の毛髪と自分の毛髪の状態の差になってくることもあります。

 

また、成人になってからも両親と同じ家に住んでいて、さらに食事も共にしている、このような場合は生活習慣も似通ってきますので、両親がハゲているような場合には、自分も同じ状況になってしまう可能性は高いといえるでしょう。

 

女性は男性に比べると体質は同じであっても、薄毛になりにくい性質を持っておりますので、母親が薄毛ではないからといって、自分がハゲないと信じるのは早とちりといえるでしょう。

 

このように遺伝と生活習慣の問題は複雑に絡み合っているので、それらを総合的に考えて判断する必要があるでしょう。