フケの種類と頭皮の状態を確認

薄毛対策をしたり、頭皮のケアをしたりするためには、フケについての知識も必要になってくるのではないでしょうか?

 

フケというものは種類がひとつではなく、見た目は一緒に見えても、実はそれぞれのフケには原因があるのです。

 

フケの対策といっても、種類によって原因が異なってきますので、まずはフケの種類と頭皮の状態を確認することが必要不可欠です。

 

フケの種類を考えてみた時に、大きくわけることができるのは、乾いたフケと脂分の多く含んだフケです。

 

フケ 薄毛

乾性と脂性で大別することができますが、これらは触ってみることで判断でき、パラパラとかさついたフケが乾いたものになっています。逆にべたべたとしているものが脂性のものになっていて、これらはそれぞれ発生してしまう原因も違っています。

 

フケ シャンプー

乾性のものは、頭皮の乾燥によって発生することになりますので、対策をするのならばまず洗髪について考える必要があります。

 

洗浄力の強すぎるシャンプー、シャンプーの回数、洗髪の際にしっかりとすすがずにシャンプーが残ってしまうなどなど、洗髪のやり方に原因が隠れていることが多いのです。

 

加えて、洗髪後のドライヤーの熱風によって髪を乾燥させてしまうこともありますので、こちらにも注意が必要でしょう。

 

続いて、脂性のフケの原因になってくるのが、ホルモンバランスの乱れです。

 

女性の場合は男性ホルモンが優位になってくると、このようなフケを発生させやすくなってしまいます。また、ビタミンB群の欠乏によって発生することもあって、日々の食生活が乱れがちの人は要注意です。

 

食品については、脂っぽいものを好む方々が注意で、アルコールの摂取にも気を付ける必要があるでしょう。

 

さらに、乾性と同じように洗髪の仕方にも注意で、シャンプーによって皮脂を取りすぎてしまう場合には頭皮から皮脂が過剰分泌され、これが脂っぽいフケを呼んでいる可能性があります。

 

このようにフケのケアをするならば、このくらいの知識は必要になってくるのです。