男性のAGAよりも深刻な事態

近年、女性にも男性型脱毛症が増えてきていることを知っていますか?

 

本来、女性は脱毛症になりにくい特徴を持っていて、周囲を見渡してみても薄毛の女性は少ないことがわかります。

 

これは見た目の問題もあるため、隠れたところでカツラなどを利用して早々に対処してしまうといったこともありますが、それでもやはり女性は脱毛症になりにくいといえるでしょう。

 

しかし、最近はその神話が崩れてきており、AGAと呼ばれる男性型のハゲが女性に一部見受けられるようになってきたのです。

 

FAGAと名称がつけられるほどこの症状に悩む女性が増えてきており、女性男性型脱毛症などと呼ばれております。

 

女性の男性型脱毛症は男性とはまた違って薄毛が進んで行く傾向があって、女性の場合は全体的に薄くなっていくことが多いのです。そのため、状況によっては男性のAGAよりも深刻な事態になってしまう可能性もあります。

 

女性が男性よりも薄毛になりにくい理由にはホルモンバランスによるものも大きく、女性の体内では女性ホルモンが優位になっておりますので、男性ホルモンの影響を受けにくく、その分だけ脱毛症を発生しにくくなっているのです。

 

更年期障害からもわかるとおり、女性は加齢と共に体内のホルモンバランスが劇的に変化していく生き物です。この過程においては、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位に立ってしまうこともあって、それがFAGAを引き起こすこともあります。

 

ただ、加齢が原因なのであれば、現代に入って女性の男性型脱毛症が増えるのはおかしいはずです。そこで重要になってくるのが、ストレス社会で、現代ではストレスによってホルモンバランスが乱れた女性が数多くいらっしゃいます。

 

そのため、従来通り加齢でFAGAを発症してしまう人に加えて、ストレスによってホルモンバランスを乱した結果、発症してしまう人もプラスされているのです。その他にも男性型の脱毛症を女性にもたらしてしまう要因が現代にはたくさんありますので、十分に注意しましょう。